Search

母の死後、親不孝者と自己否定、うつに。やっと自分の心を取りもどしたセッション

講習会のアシスタントを務めるKiyokoさんの体験です。

私が初めてインテグレイティッド・ヒーリングに出会ったのは、母を癌で亡くして2年ほど経った頃です。

「アメリカに1年だけ留学する」という約束がいつの間にか20年以上になっていました。(いつか親孝行したい)と思いつつ、いつか、いつかと

先延ばし状態の中、突然の『母が、末期癌』という知らせに本当に愕然としました。   

好き勝手生活してきた、罪悪感を埋めるように母の病院に泊まり込んで、看病することを心に決め、帰国。

勇んで、介護を始めたのですが、3ヶ月もすると、体力的にも精神的にも、疲れが出始めて

母に対する言葉の語尾が、だんだんと短く冷たくなっている自分がいました。   

薬のせいで、子供のように振る舞う母にイラつきを隠せない自分に腹を立てました。

粗相の数が増えるたびに、言ってはいけない言葉が口からこぼれ、自分に心底、嫌気がさしました。   

そして、母の「最後まで看取って欲しい」というすがるような願いを知りつつその場にいることが辛く

仕事を理由に、逃げ出すように日本を離れました。    

その頃から、自分責めが激しくなりました。

母が他界した時には、土台が崩れ落ちてしまったかの様に全く軸が保てず、自分を見失ってしまいました。    

「親孝行出来なかった自分はなんてダメな人間なんだ」

ダメな人間=幸せになる価値がないと自己存在否定をしつづけました。そして、母が癌になったのは

(ずっと寂しい思いをさせた、自分のせいかも知れない)と思い始めました。    

「どうせ人は死んでしまうのに、なんの為に頑張るのか?」「なんの為に生きているのか?」

前進する気力がなくなり、エネルギーが枯渇したようにベットから起き上がれない日々。

明るい未来を考えられない事はとても辛かったです。   

1年ほどして、これではいけないと セラピストにあったり、セミナーに参加するようになりました。

確かにしばらくは、元気になるのですが、時間が立つと、がくんと気分が落ちてしまいます。

でも、元気になりたい一心でセミナーを次から次へと渡り歩きました。

ぽっかり空いてしまった穴を埋めようと必死で、当時

人からは「セミナー ジプシー」と呼ばれていました。    

実はIntegrated Healing の講習会を受けたきっかけも

友人に、「来週 Integrated Healing のセミナーがあるよ。」と聞いて

「えーなにそれ? 私も受ける!」と興味本位でそれが

何かも知らずとりあえずクラス1と2に申し込みました。

そこで「魂の統合」というセッションがありました。

とっても辛いことがあると、魂はバラバラに飛び散ることで、その記憶を思い出しにくくしてくれます。   

自己否定をし、痛めつけていた自分自身と向き合いました。

『ありのままの自分を受け入れる』

というゴールを設定。閉じ込められていたネガティブな記憶が、むせ返すように込み上がってきて

大きな泣き声と共にリリースされました。

母に対し、できる限りのことを頑張った自分を認め、

分裂することで守ってくれていた魂のかけらに感謝をすると、涙がとめどなく溢れてきました。   

優しく受けとめてくれるマチルダや、自分のことのように一緒に喜んだり

悲しんでくれるクラスメイト達がいることで安心して、全ての感情を解放できました。

魂が再び、ひとつに戻った時、なんとも言えない安堵感と、ほんわりと暖かい心地よさに包まれました。

「やっとおうちに戻ってこれた。もう大丈夫」

という安心感。   

私にとって、心に残るセッションの一つは、自分に還ることが出来た、「魂の統合」です。

心、体、マインド、魂、全てのバランスが 調和されてやっと、本来の自分自身に戻れるんだと

体感した瞬間です。

このセッションの後、私はIntegrated Healingのクラスをどうしても全て取りたいと強く感じました。

次の日、フロリダに行く飛行機をキャンセルし、全てのクラスを受講しました。    

10日間のコースの中で、たくさんの感情と共に、必要の無い思いこみ信念、プログラミングを

次々に手放しました。不幸せにしている、自分を取り除くと、幸せな、自分に出会えました。   

同じように、本来の自分を見失って苦しい思いをしている人はきっとたくさんいると思います。

より多くの方々が、自分らしく幸せな毎日を過ごすお手伝いをできたらいいなとIntegrated Healing の

プラクティショナーになることを決めました。

Kiyoko

14 views0 comments

Recent Posts

See All

初めてサンディエゴで日本語通訳付きの講習会を行った時に参加してくれたLindaさんの体験談。 私がIntegrated Healingに出会うきっかけは 2015年の冬、 スタジオヨギーで開催されていた いず美さんのクラスに参加したことから。 そのクラスの中で いず美さんが参加者の方の筋反射を確認する場面があり、 その精度と導き出されたあまりにも深いメッセージに 体中に激震が走るような衝撃を受け、

サンディエゴの講習会にきてくれた、日本で活躍のYukaさん。 私は《恥ずかしい》と強く感じることがよくあります。 自分の思いや考えを言葉にする時や、 真剣に打ち込む姿や泣いている姿、 容姿に関しても大きな恥ずかしさがありました。 つい最近も《恥ずかしい》と感じた出来事があったのですが、感情が振り切れた時、予め持っていた認識を歪めてしまう事態に。 その後ずっと歪めてしまった認識が真実だと思って過ごし

日本ではピラティスインストラクターとしても活躍中のMayuさんの体験談です。 私の心に残るIntegrated Healingは、いずみさんから受けた初めてのセッションでした。(振り返ったら明日がちょうど3年前でした) 私はピラティスをしています。 本格的にインストラクターとして、スタートしはじめた頃にヘルニアになってしまい、と同時に新しい環境で働くことが決まっていたので、早く良くなってほしいのに