Search

自分の天職を確認し、夢を叶える自分をエンパワーしたセッション

初めてサンディエゴで日本語通訳付きの講習会を行った時に参加してくれたLindaさんの体験談。


私がIntegrated Healingに出会うきっかけは 2015年の冬、 スタジオヨギーで開催されていた いず美さんのクラスに参加したことから。


そのクラスの中で いず美さんが参加者の方の筋反射を確認する場面があり、 その精度と導き出されたあまりにも深いメッセージに 体中に激震が走るような衝撃を受け、

Integrated Healingセッションを受けたこともないのに 「これは私が将来やりたい仕事だ!」と確信し、 2016年秋にサンディエゴで開催される Integrated Healingプラクティショナーコースに参加しました。


そのプラクティショナーコースの中で 沢山の心に残るセッションを受けてきて、

潜在意識から在りたい姿に変わっていった時 望む方向へ現実も大きく変わるのだということを 私自身がまさに体験してきました。


なので、心に残るセッションは 挙げだしたらキリがないのですが、 その中でも今回は私がIntegrated Healingが 天職であることを確信できた、 心に残る大切なセッションをシェアしたいと思います。


それは去年の夏、 箱根でプラクティショナー仲間である 麻由ちゃんにしてもらったセッション。


セッションを始めるタイミングになって、 セッションのテーマを決めてなかったことに気付きました。

思いつく身近なテーマを挙げてもどれも筋反はとれず。 そんな中ふと思いついた「使命」という単語に筋反がとれました。


実は私もこの時なぜ「使命」という単語が 出て来たのか不思議なのですが、

IHをやっていると潜在意識からふと沸き起こって、 言葉が出てくることが結構あるのです。


そしてセッションをしてくれている 麻由ちゃんに話したのが

過去から現在に続く、 私のカソリック学校で受けた教育の影響と (良いも悪いも全て含めて) 旅行で訪れたイタリア/アッシジでの大きな気付き。


そのアッシジでの大きな気付きを経た今、 私はIntegrated Healingを通して 本来の人生の目的を思い出し、 そこに向かって生きることで 内から