Search

ペットロスから9年後、深い悲しみから救われたセッション

2012年、ロスで初めてのマチルダによる講習会を受講したMaiさんの体験談です。


子供の時から飼っていたポメラニアンのミシェルが亡くなったのは、私がアメリカに移住するための費用を稼ぐために、毎日異常な量の仕事をし続けていた時でした。

ほとんど家にいる事もなく、彼女が寂しがっているのは分かっていました。

その週は週末さえ用事が入ってしまい、次の火曜日には少し早く家に帰れるはずだから

そしたらミシェルと一緒に時間を過ごそう。そう思っていた、月曜日の真夜中。

仕事からクタクタで帰ってきた私に、すでに虫の息で駆け寄ってきた彼女は私をずっと待っていたのでしょう

そのまま意識を失いました。

全く突然の事にパニックになった私は、夜中に開いている獣医師を探し無理な蘇生を試みましたが結局

夜が明ける前に私の腕の中でミシェルは息を引き取りました。

その後の私はまるで魂のない抜け殻の様で、私のハートがあった場所には彼女を失った激しい悲しみと、

寂しい思いをさせていた事への罪悪感、安らかに逝かせてあげられなかった事への後悔で、埋め尽くされました。

その8か月後、私はアメリカに移りましたが、その思いは消える事なく心の中にあり続け

辛い記憶として8年の間、暗い影を落としていました。

そしてIntegrated Healingを習った翌年の、ミシェルが亡くなって9年目のある朝、私は不思議な夢を見ました。

その夢の中で、私は自分が夢をみている最中である事に気付いていて、意識があったのです。

全てのものは青く見え、私が間違いなくミシェルと認識しているその犬はなぜか中型犬の別の犬の姿をしていました。

私は不思議に思い、その日に会う予定であった友人の